急な割り込みに、「ドキッ」としたことはありませんか。
急な割り込みに、「ドキッ」としたことはありませんか。

そんなときに頼りになるのがフォルクスワーゲンの
プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”
(シティエマージェンシーブレーキ機能付)


あらゆる速度域で追突の回避、もしくは被害を最小限にとどめます。

全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起を行います。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また時速30km未満での走行中にはシティエマージェンシーブレーキ機能が作動。自動的にブレーキを作動させて危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。
(Passat、Passat Variantは、時速45km未満、Tiguanは、時速30km未満での走行中には歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能が作動)

※作動範囲 5km/h以上
※本機能の制御には限界があります。これらのシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

あなたは、パニックに陥っても冷静な判断ができますか。
あなたは、パニックに陥っても冷静な判断ができますか。

追突などの事故に遭遇したとき、
あなたの代わりにクルマが多重事故を回避する。
ポストコリジョンブレーキシステムなら、そんなことが可能です。

衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を時速10km以下になるまで減速*させ、対向車線へのはみ出しなどによって起こる多重事故の危険を低減させます。

*車両を最大0.6Gの範囲内で減速します。
※ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※動画ではマルチコリジョンブレーキシステムとなっていますが機能は同じになります。

居眠り、わき見、不意の病。人間だもの、無いとは言えない。
居眠り、わき見、不意の病。人間だもの、無いとは言えない。

自分では大丈夫と思っていても、
ちょっとした油断や病気など完全には防げないもの。

だから、アダプティブクルーズコントロール
レーンキープアシストで予防安全を。

アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能。作動状況はマルチファンクションインジケーターで視覚的に確認できます。

*本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上

レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正*を行いドライバーに警告します。マルチファンクションインジケーターには走行車線マーキングを表し、ドライバーのステアリング操作をサポートします。
*ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することが出来ます。

※起動速度 65km/h 以上
※これらのシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。
※動画は、Golfでの動作イメージです。

「安全性能は、すべてに優先する」
「安全性能は、すべてに優先する」

この安全に対する考え方は、すべてのモデルに一貫しています。コンパクトカーのPolo、Golfから、Touaregまで。選ばれるモデルに違いはあっても、それぞれが高い安全性を備えること。その考え方と姿勢をずっと持ち続けることこそ、われわれVolkswagenのクルマづくりにおける信念です。

「危機回避」の安全テクノロジー「危機回避」の安全テクノロジー

ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)

安全の第一歩は、事故を未然に防ぐこと。クルマが安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まります。フォルクスワーゲンは危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備。ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムです。
ESCの有効性は世界中で認知され、ヨーロッパやアメリカを始めとする各国で義務化が進んでいます。 日本でも2012年10月以降、段階的に義務化することが決定しています。
ESC=エレクトロニック・スタビリティ・コントロール
DSR=ドライバー・ステアリング・リコメンデーション。左右輪の路面状況が異なる場合でも、常に安定したハンドリングを提供します。
※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

「乗員保護」の安全テクノロジー「乗員保護」の安全テクノロジー

エアバッグエアバッグ

万一事故が発生したときに、衝突の衝撃から乗員を保護するのがエアバッグです。前面衝突の際に前席の乗員を保護するのが運転席/助手席エアバッグ。また、側面衝突に備えて、前後席のサイドエアバッグやサイドウインドーを覆うカーテンエアバッグがあります。ドライバーの足を支え、また衝撃を防ぐニーエアバッグが備わるクルマもあります。
またフォルクスワーゲンの多くのモデルで、ユーロNCAPを受賞するなど、第三者機関により高い安全性が証明されています。
※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。
※エアバッグはシートベルトと組み合わせて使わなければその効果は発揮できません。安全の第一歩は、乗員全員がシートベルトを装着することです。

「先進」の安全テクノロジー「先進」の安全テクノロジー

ドライバー疲労検知システム “Fatigue Detection System”ドライバー疲労検知システム “Fatigue Detection System

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促します。

※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。車速が65km/h未満の場合やカーブ走行時、道路状況、天候状況によってはご使用になれない場合があります。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

オプションになることが多い先進技術も、フォルクスワーゲンなら標準装備。

オプションになることが多い
先進技術も、
フォルクスワーゲンなら標準装備。

※モデル・グレードにより搭載されている機能は異なります。

輸入車=価格が高い。という簡単な話ではありません。

輸入車=価格が高い。
という簡単な話ではありません。

フォルクスワーゲンは最新の安全装備を単なる技術力のアピールだけに使いません。 だから少しぐらい価格が高くなっても、なるべく多くのモデルに先進の安全装備を採用しています。それは人命にかかわる安全装備が、クルマにとって最低限必要なものだと考えているから。知っていれば、きっとフォルクスワーゲンに価格以上の価値があることをご理解いただけると思います。

ゴルフがJNCAPで最高評価の5スターを獲得

ゴルフがJNCAPで
最高評価の5スターを獲得

Golfは、独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が行った自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program:以下JNCAP)で最高評価となる“5スター”を獲得しました。

up!からミニバン、そしてSUVまで。フォルクスワーゲンの豊富なラインアップ。<br />あなたのライフスタイルにぴったりな一台も、きっと見つかる。Lineup

up!からミニバン、そしてSUVまで。フォルクスワーゲンの豊富なラインアップ。
あなたのライフスタイルにぴったりな一台も、きっと見つかる。